【助産師執筆】妊娠中・妊婦さんの冷え対策におすすめの飲み物

妊娠するとホルモンバランスの影響や、お腹の赤ちゃんを守るため皮下脂肪が増えることにより、暑いと感じる妊婦さんが多くなります。しかし、実際は上半身や顔や手は熱いと感じていながらも、下半身やお腹は冷えている妊婦さんが多数います。 気づかないうちに下半身やお腹が冷えていると、子宮にいく血液も冷えてしまい、切迫流産や切迫早産の原因になることもあります。 着込んだり、靴下を履いたり、身体の外から温めることも大切ですが、身体の中側から温めることも非常に大切です。助産師ハーバリストが妊娠中の冷え対策におすすめの飲み物をご紹介します。

妊婦さんの冷えにおすすめな飲み物

①生姜(ジンジャー)
生姜は身体を温めたり、消化機能を促進してくれる働きがあります。そのため、冷え性や風邪の引き始め、吐き気や胃腸が弱った時に役立ちます
乾燥した生姜でなくても、生の生姜を飲み物やスープに入れるだけでも手軽に取ることが出来ます。
妊娠中の冷え性にもとても役立つハーブです。しかし、妊娠中は大量に飲むことは危険ですので必ず量や回数を守って飲むようにしてください。
②ゆず
ゆずには血行を促進して身体を温める働きがあります。冬の風物詩、冬至の「ゆず湯」には身体を温めて元気に冬を乗り越える意味合いもあります。
ビタミンCも豊富に含まれているので、風邪の引き始めにもおすすめです。
ただし妊婦さんが「ゆず」を飲む際に注意して欲しいことがあります。よく店頭で見かけるゆずをシロップにつけ込んである「甘いゆず茶」はあまりおすすめしません。
もちろんたまに飲む分には問題ありませんが、たくさん飲み過ぎると妊娠糖尿病を引き起こしてしまう危険があります。
飲む際はお茶用に乾燥してあるドライゆずやフレッシュなゆずを使用するようにしてください。
③柿の葉
「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われているように、高い薬効を持つ柿の葉。
柿の葉には血行を促進する働きがあるので、妊娠中の冷えにとても役立ちます
またレモンの20倍のビタミンCを含むのも特徴です。
ただし、ここで気をつけて欲しいのは「柿の実」ではなく「柿の葉」です。
「柿の実」ももちろん栄養がありますが、実は柿の実にはタンニンという物質を豊富に含んでいるため、たくさん食べると便秘の原因になってしまいます。
また果実全てに言えることですが、果糖という糖分を豊富に含んでいるため、たくさん食べると妊娠糖尿病の原因にもなる危険があります。
しかし、「柿の葉」にはそのような危険がないため、妊娠中でも安心して飲むことが出来ます。

冷えが妊娠に及ぼす影響とは?

基本的に妊娠すると体温が高くなります。妊娠を維持するために分泌されるホルモンの影響やお腹の赤ちゃんを守るために皮下脂肪が増えたりするため、妊娠中は体温が上がり、「暑い」と感じる妊婦さんが多くなります。
しかし、実際は顔や上半身は暑いけれど、下半身やお腹を触ると非常に冷えている妊婦さんが多くいます。
冷えた血液が子宮に戻ると、切迫流産や切迫早産の原因にもなりかねません。
だからこそ、妊娠中の冷え対策は重要になってきます。

飲み物以外の冷え対策

①三陰交を温める
下肢の内くるぶしから指4本分上にあるツボを「三陰交」と呼びます。三陰交は3つの経絡が交わる場所であり、別名「婦人科の要穴」と呼ばれているくらい女性にとってはとても大切な場所です。
この三陰交を温めることがとても大切です。レッグウォーマーや靴下を履いて温めましょう。
しかし、絶対に押してはいけません!三陰交を押すと子宮の収縮に繋がる危険があります。そのため、絶対に押してはいけません。
②足湯をする
足湯をすることも効果的です。足湯専用のバケツでなくても、深めのバケツで十分代用出来ます。
洗面器などの浅い容器で足湯を行うと、湯がすぐぬるくなり逆に足が冷える原因になるため、深めの容器またはバケツで行うようにしてください。
③湯船に浸かる
湯船にしっかり浸かることも重要です。湯船に浸かることで身体が温まり、それと同時に全身の血液も温まります。それにより子宮にいく血液も温まり、お腹の赤ちゃんも快適になります。
入浴は、妊娠に伴うマイナートラブルの痔や便秘、不眠などにも役立ちます
またストレスによる冷え症(血液循環不良)にも入浴はとても役立ちます。湯に浸かることで副交感神経が優位に立ち、リラックスへと導いてくれます。一日の最後にゆっくりとお風呂に浸かれば、リラックスしながら身体も温めることが出来るので妊婦さんにはとくにおすすめです。

まとめ

これから本格的な冬を迎えます。冷えは切迫流産や切迫早産を引き起こす危険があり、妊婦さんには大敵です。身体の内側、外側両方から身体を温めて、寒い冬も元気で乗り越えましょう。
このブログを書いた人

助産師ハーバリスト  野本まい

病院助産師として10年勤務。

現在は助産師のいるハーブ&アロマサロンmyherb、助産院myherbのオーナーを務める。

自身の妊娠・出産・育児中にハーブ・アロマ・バッチフラワーレメディを学び、特に産婦人科領域で活躍するハーブを深く学ぶ。妊婦さん、産婦さん、産後ママを植物の力でサポートしている。

 

助産師ハーバリストが開発した「妊娠・出産・授乳サポートハーブティー

無添加・無着色・ノンカフェインで妊娠中も授乳中も安心してお飲み頂けます。

楽天市場で販売中。

未分類
myherb-babyをフォローする
助産師のいるハーブ&アロマサロンmyherb、助産院myherb

コメント

タイトルとURLをコピーしました