【助産師執筆】母乳のつまり・しこり予防に役立つ飲み物

授乳中の母乳のつまりやしこりはとても痛く、ひどくなると高熱が出たり、赤く腫れたりします。乳腺が細い人や乳管があまり開いていない人、母乳が出すぎの人は特に注意が必要です。高熱が出たり、赤く腫れたり、激痛がしたりした場合は速やかに病院へ受診する必要がありますが、まず一番大切なことは「つまらせないこと」です。

お正月は特においしいものを食べ過ぎて、つまりやしこりで悩む方も増える時期です。

ぜひハーブティーで母乳のつまり・しこりが起きないように自分で予防しましょう。

母乳つまり・しこり予防に役立つ飲み物

母乳のつまり・しこり予防におすすめのお茶は「ごぼう茶」です。

ドラッグストアやスーパーでもすぐに購入できるのも魅力のひとつです。

なぜ、ごぼう茶がつまりによいの?

「乳腺炎には牛蒡子がよい」と昔から言われていますが、ごぼうには血行を良くして体を温める働きがあると言われています。母乳は血液から出来ているため、ごぼうは血液をさらさらにして、さらさら母乳を作るのに役立つと言われています。

またごぼう茶には乳腺を広げる働きもあると言われています。

ごぼう茶を飲むことで母乳の質がよくなるといったイメージを想像してもらえば分かりやすいと思います。

ちなみに「牛蒡子」とはごぼうの種のことです。昔から炎症を抑えたり、体の中から毒素を排出したりと民間療法でよく使われてきました。現在でも乳腺炎の方には牛蒡子をすすめる産科も多数あるそうです。

しかし、「牛蒡子」は一般的なドラッグストアでは見かけないことが多く、漢方薬局に行かないと購入出来ないことが多いです。そのため、乳腺炎予防であれば牛蒡子ではなくて「ごぼう茶」が手軽に購入出来てオススメです。

ただし、ごぼう茶には母乳の出すぎを止める効果はありません。母乳が出すぎて困っている方はペパーミントティーがオススメです。

母乳の出すぎにおすすめのハーブティー

ごぼう茶には母乳をサラサラにする働きはあっても、母乳分泌を減らす働きはありません。母乳の出すぎでつまりやすい、しこりが出来やすい方にはペパーミントティーがオススメです。ペパーミントティーには母乳分泌を減らす働きがあるので、出すぎで困っている人はぜひ試してください。

ただし、アロマのペパーミントは禁忌ですので、絶対に使用しないでください。詳しくは下記の記事を参考にしてください。

その他、母乳のつまり・しこりにオススメのハーブティー

助産師が開発した無添加・無着色・ノンカフェインのハーブティー「母乳トラブルサポートハーブティー」は楽天市場で購入出来ます。

ごぼう茶は使用しておりませんが、母乳をさらさらにする働きのあるクリーバーズ、炎症を抑える働きのあるエキナセア、中医学の観点から乳腺炎に役立つハーブをブレンドしてあります。カモミールが入っているので、とても飲みやすいです。

 

また母乳が出すぎで悩んでいる方には「卒乳サポートハーブティー」がオススメです。

卒乳・断乳と書いてありますが、母乳が出すぎのかたにもオススメです。ペパーミントやスペアミントなどベースにレモン系の香りのするハーブをブレンドしてあります。さっぱりとした口当たりが特徴です。

まとめ

お正月はどうしても母乳のつまり・しこりで悩む方が増える時期です。もちろん高熱が出たり、赤く腫れて激痛がするときは病院で薬が必要ですが、お正月は病院も休みなので出来れば母乳のつまり・しこりが出来る前に自分でケアすることが重要です。

普段飲んでいるお茶をごぼう茶に買えるだけで予防が出来るので、ぜひ試してくださいね。

このブログを書いた人

助産師ハーバリスト  野本まい

病院助産師として10年勤務。

現在は助産師のいるハーブ&アロマサロンmyherb、助産院myherbのオーナーを務める。

自身の妊娠・出産・育児中にハーブ・アロマ・バッチフラワーレメディを学び、特に産婦人科領域で活躍するハーブを深く学ぶ。妊婦さん、産婦さん、産後ママを植物の力でサポートしている。

 

助産師ハーバリストが開発した「妊娠・出産・授乳サポートハーブティー

無添加・無着色・ノンカフェインで妊娠中も授乳中も安心してお飲み頂けます。

楽天市場で販売中。

母乳つまり 産後
myherb-babyをフォローする
助産師のいるハーブ&アロマサロンmyherb、助産院myherb

コメント

タイトルとURLをコピーしました