【助産師執筆】風邪に役立つハーブ「タイム」妊婦は飲んでも大丈夫?

タイムは何千種類とあるハーブの中でも「最も抗菌力のあるハーブ」と言われており、風邪の時の喉の痛みや咳、痰に役立つと言われています。また呼吸器系の症状だけではなく、食あたりや消化不良、口臭などの消化器系のトラブルにも役に立つため、よく使われることの多いハーブです。

少量でもかなり香りが強い「タイム」。風邪気味の時はとても役に立つハーブですが、妊婦さんは飲んでも大丈夫?助産師ハーバリストが解説していきます。

妊婦さんはタイムを飲んでもいいの?

妊婦さんはタイムを飲んではいけません。

特定非営利活動法人メディカルハーブ協会が監修している「メディカルハーブ安全性ハンドブック」によると、タイムはクラス2b(妊娠中に使用しない)となっています。

日本メディカルハーブ協会から一部抜粋させて頂きました。

『メディカルハーブ安全性ハンドブック』は1997 年に AHPA(米国ハーブ製品協会)によって刊行されたもので、650 品目に及ぶ メディカルハーブを安全性の観点からを7段階にクラス分類し,使用上の注意やハーブ製剤としての使用可否等を科学的アプローチによりまとめた安全性データ、さらに付録として植物化学成分の 解説やメディカルハーブの薬理作用などを収載したもの。日本版は 2001 年に当協会の前身である「メディカ ルハーブ広報センター」の監修によって刊行されました。

ちなみにアロマオイル(精油)のタイムには肝毒性が指摘されているため、妊娠中は使用することは出来ません。

料理に使われているタイムは大丈夫?

タイムは上記に記載したとおり、ハーブの世界では「最も抗菌力の高いハーブ」と呼ばれており、肉や魚を調理する際に使用されることも多いハーブです。

タイムを妊婦が飲んではいけないのであれば、料理に使われているタイムもだめなんじゃないかと思われるかと思いますが、料理で使用される少しの量であれば問題ありません。

エビデンス(科学的な根拠)はありませんが、厚生労働省が運営する統合医療のサイトに貼り付けてある、国立研究開発法人 医薬基盤・栄養・健康研究所のサイトには 「妊婦や授乳婦が通常の食品に含まれる量を摂取することはおそらく安全である」と記載されています。

タイムに変わるハーブ

タイムは妊婦さんは飲むことが出来ません。しかし、タイムに変わるハーブで妊娠中でも安心して飲むことが出来るハーブもあります。ぜひ参考にしてください。

1.風邪気味の時

ジンジャー(生姜)、リンデン、エルダーフラワー

助産師×ハーバリストが開発!風邪で悩む妊婦さんのためのハーブティーはこちら

2.咳がひどい時

マレイン、マローブルー

3.吐き気、消化不良、口臭

ペパーミント、オレンジピール、ジンジャー

助産師×ハーバリストが開発!胃もたれ・胸やけで悩む妊婦さんのためのハーブティーはこちら

まとめ

風邪の時や消化不良の時にはとても役にたつハーブですが、タイムは妊婦さんは飲むことが出来ません。料理などに使用されているタイムは上記にも記載しましたが、あまり気にしなくても大丈夫です。

妊娠中はぜひタイムの代わりになる上記のハーブを使用してくださいね。

 

このブログを書いた人

助産師ハーバリスト  野本まい

病院助産師として10年勤務。

現在は助産師のいるハーブ&アロマサロンmyherb、助産院myherbのオーナーを務める。

自身の妊娠・出産・育児中にハーブ・アロマ・バッチフラワーレメディを学び、特に産婦人科領域で活躍するハーブを深く学ぶ。妊婦さん、産婦さん、産後ママを植物の力でサポートしている。

 

助産師ハーバリストが開発した「妊娠・出産・授乳サポートハーブティー

無添加・無着色・ノンカフェインで妊娠中も授乳中も安心してお飲み頂けます。

楽天市場で販売中。

妊娠 妊娠中期 妊娠初期 妊娠後期
myherb-babyをフォローする
助産院myherb/助産師のいるハーブ&アロマサロンmyherb

コメント

タイトルとURLをコピーしました