産後太りが止まらない!産後太り対策・解消におすすめのハーブティー

「産後、母乳をあげてるのに体重が減らない」、「出産後も体重がほとんど変わらない」、「育児の途中の不規則な食事で体重が減らない」など、産後太りや産後の体型の変化で悩むママも少なくありません。

高価なダイエットサプリや産後太り解消のための運動、産後の骨盤ケアなど、さまざまな産後太り解消方法がありますが、実際は赤ちゃんの育児が忙しくて、そんな時間を取ることが出来ないし、そんな時間があったら寝たい!と思うママがほとんどではないでしょうか。まさに筆者がそうでした。

芸能人のようにお金をかけるとこが出来ればいいのですが、実際はそんな家庭は一握りでしょう。

今日は助産師でもありハーブ専門家である筆者が、産後太り解消・対策におすすめのハーブティーをご紹介します。お茶なら毎日飲むものであり、無理なく続けられるのでおすすめです。ぜひ取り入れてみてください。

産後太りに役立つハーブ

ダイエットに役立つハーブはいくつかあるのですが、授乳中でも安心して飲めるハーブティーをご紹介します。

桑の葉

  別名マルベリーと呼ばれる桑の葉はダイエットや生活習慣病予防に役立つハーブです。

食事の15~30分前に飲んでから食事をすると、急激な血糖値の上昇を防ぐ働きがあると言われています。よく「ダイエットにはサラダや野菜を一番に食べるといい」と聞いたことはありませんか?まさに桑の葉食事の前に飲むことはサラダを先に食べると同じ感じなのです。

桑の葉に含まれるデオキシノジリマイシン(DNJ)が小腸での糖の吸収を妨げる働きがあるため、ダイエットや生活習慣病予防に期待出来ると言われています。

また腸内の善玉菌のエサになる成分を豊富に含むため、腸内環境を整えてくれるため、便秘予防にも繋がります。このような理由からダイエットに役立つと言われています。

最近の研究で桑の葉が美白にも役立つことが分かってきました。産後や授乳中は育児に追われて自分のお肌のケアをゆっくり時間をかけて行うことがなかなか難しいので、桑の葉を飲めば産後ダイエットに、さらにお肌のケアも出来て一石二鳥です。産後ママにはとてもおすすめのハーブです。

味はくせがなく、普通のお茶のようにおいしく飲むことが出来ます。授乳中であればほうじ茶に混ぜるのがおすすめです。

飲む際に注意すること

桑の葉をダイエット目的で飲む場合に気をつけて欲しいことがあります。 桑の葉をダイエット目的で飲む時は必ず「食前」または「食事中」に飲んでください。食後に飲んでも桑の葉の効果を得ることが出来ないからです。

ダイエットや生活習慣病予防目的以外なら、いつどんな時に飲んでもかまわないのですが、ダイエットが目的であれば「食前」または「食事中」に飲むことを必ず守って飲むようにしてくださいね。

どこで購入出来る?

桑の葉茶だけであれば薬局やスーパー、ネットなどでも販売しています。ただし、よく桑の葉茶と書いてあっても原材料をしっかり確認しないと、授乳中には飲むことが出来ない他のハーブがブレンドしてあることがありますので注意してくださいね。

助産師×ハーバリストが開発した「産後太りで悩むママのためのハーブティー」は楽天市場で販売しています。 産後太りに役立つ桑の葉をベースにダンディライオン、ローズヒップ、杜仲葉、どくだみなど産後太り解消に役立つハーブをバランスよくブレンドしてあります。

無添加、無着色、ノンカフェインで授乳中でも安心して飲むことが出来るのでおすすめです。

まとめ

産後は赤ちゃんのお世話で忙しく、産後ダイエットしたいと思っていてもなかなか出来ないのが現実です。お茶なら毎日飲むものであり、無理なく続けられるので、産後太りで悩んでいるママはぜひ桑の葉茶を毎日のお茶に取り入れてみてくださいね。

 
このブログを書いた人

助産師ハーバリスト  野本まい

病院助産師として10年勤務。

現在は助産師のいるハーブ&アロマサロンmyherb、助産院myherbのオーナーを務める。

自身の妊娠・出産・育児中にハーブ・アロマ・バッチフラワーレメディを学び、特に産婦人科領域で活躍するハーブを深く学ぶ。妊婦さん、産婦さん、産後ママを植物の力でサポートしている。

 

助産師ハーバリストが開発した「妊娠・出産・授乳サポートハーブティー

無添加・無着色・ノンカフェインで妊娠中も授乳中も安心してお飲み頂けます。

楽天市場で販売中。

未分類
myherb-babyをフォローする
助産師のいるハーブ&アロマサロンmyherb、助産院myherb

コメント

タイトルとURLをコピーしました