妊娠・出産・授乳サポートハーブティー開発者はどんな人?

今日は妊娠・出産・授乳サポートハーブティーを開発した、助産師・植物療法士である私「野本まい」の自己紹介をします。

どうゆう経緯でハーブティー販売に至ったかを詳しくお話ししたいと思います。

助産師・植物療法士「野本まい」はこんな人

・1980年生まれの39歳

・愛知県名古屋市生まれ、名古屋市育ち。現在は大府市でサロン、助産院を開業している。

・夫とかわいい娘(7歳)の3人暮らし

・23歳で重度うつ病、パニック障害を発病。ハーブとアロマで33歳で克服。

・総合病院、個人の産科クリニックで10年助産師として勤務。介助させていただいたお産は約500件、関わった妊産婦さん、産後ママは10,000人。娘、妊娠を機に病院助産師から引退。フリー助産師となる。

・JAMHAハーバルプラクティショナー修了

以前は結構なネガティブ人間でしたが、ハーブ&アロマと出会い、かなりのポジティブ人間になりました。

好奇心旺盛でやる!と決めたことは絶対にやらないと気が済まないタイプの人間です。

趣味は食べること、最近はSALSATION®にはまっています。

23歳で重度うつ病・パニック障害を発症

ドクターが理解のある先生で、お産介助も異常がなければ助産師に任せてくれました。このドクターのおかげで私の経験値はかなりアップしました。

助産師2年目で重度うつ病・パニック障害を発症しました。パニック発作が初めて出たときは本当に死ぬんではないか?と思うくらいの恐怖感を味わいました。

パニック発作の数日後、うつ病による栄養状態悪化・脱水症状で1ヶ月入院。

ここから私の長い長い闘いが始まります。

10年間大量の薬を飲みながら、地獄のような日々が始まります。

私がうつ病・パニック障害になった17年前はまだまだ心の病気の患者さんが多くなく、とにかくばれないように見つからないように必死で隠し通していました。

病気のことを誰にも話せなかったので、発作が出そうな時や気分が悪いときはトイレなどに隠れて薬を飲んでいました。とにかく病気がばれて、偏見の眼差しで見られることがなにより怖かったです。

夜1人になると不安や恐怖、いろんな感情が溢れて死にたいと思うことも何回もありました。

地獄のようなマタニティライフ

30で結婚、32歳で娘を出産しました。

妊娠と同時に精神科の薬を断薬しましたが、つわりと重なり本当に地獄のようでした。

そんな時出会ったのがハーブでした。とにかく何でもいいからこの状況を楽にして欲しい!何でもいいから、誰でもいいから楽にして欲しい!当時はそんな気持ちで一杯でした。わらにもすがる思いでハーブを飲みまくった記憶があります(笑)

メディカルハーブとの出会い

とにかく今のつらいマタニティライフをなんとかするべく出会ったハーブたち。

自分ではコントロール出来ない感情の波や不眠、便秘や痔などのマイナートラブルも悩まされましたが、ハーブが妊娠中の心と身体を少しずつ穏やかに整えてくれました。

ハーブと出会ったおかげでつらいマタニティライフも少しずつ快適に過ごせるようになってきました。ハーブに出会っていなかったらどんなだったんだろう・・・と今でも考えます。

スーパー安産での出産

出産はというとハーブのおかげでスーパー安産でした。

陣痛の痛みや不安でパニック発作が起きたらどうしよう、陣痛怖いな、陣痛耐えれるかな、などの不安や恐怖は・・・・・・・・、実は全くありませんでした。

助産師だからとかは関係なくて(つわりがひどくて、つわりいつ終わる?などよく検索していました(笑))、ハーブのおかげでかなり気持ちに余裕があったんだと思います。

そのおかげで7時間30分という平均の半分の時間でのスーパー安産でした。

これもハーブのおかげと思っています。

産後も大活躍したハーブ&アロマ

産後は誰でもホルモンの影響で情緒不安定になりやすくなりますが、私も例外ではありませんでした。

イライラしたり、急に悲しくなったり、感情がジェットコースターのようにアップダウンしていました。

特に「疲れているのに眠れない」ことがなにより辛かったです。身体は疲労困憊なのに、ストレスから自律神経の崩れで脳が全然休まらない状態でした。

そんな時は決まって好きなアロマを焚いて、ハーブティーを飲むと少しずつ気持ちも落ち着き眠れるようになりました。あと産後によくやってたのは、夫に娘を預けて1人で照明を落として入るアロマバス。これにはかなり助けられました。

ハーブ&アロマのおかげで無理だと思っていた母乳も2歳8ヶ月まであげることが出来ました。

風邪ひいてもハーブを飲み、イライラしたときもハーブを飲み、眠れない時も身体が疲れているときもハーブティーにたくさんたくさん助けられました。

ハーブティー販売に込めた思い

妊娠すると嬉しい反面、妊娠に対する不安、仕事に対する不安、経済的な不安、漠然と抱える不安など、たくさんの不安や悩みが誰しも出てきます。

また変わってくる自分の身体の変化に戸惑ったり、初めての経験に小さなことでも何でも不安になったり、自分の意思とは関係なくイライラしたり、落ち込んだり・・・。

妊娠・出産・育児を経験された方なら誰しも感じたことあるのではないでしょうか?

妊娠は病気ではない!とよく耳にしますが、助産師としては病気ではないけれど、出産というのは自分の命をかけて新しい命を生み出す、命がけの行為だと思っています。

妊娠・出産は常に生と死の隣り合わせです。

それでも新しい命を生み出す決意をした女性は本当に素晴らしい。

妊娠・出産・授乳期間は必要な時はもちろん薬を使いますが、できれば使いたくない!自分もそうでしたし、ほとんどの妊婦さんがそうでした。

自分自身の妊娠・出産・授乳中は本当にハーブ&アロマに助けられたので、今度は私が助産師×ハーブの知識や経験を使って、困っている妊婦さんや産後ママを救いたい!そんな思いから試行錯誤を繰り返し、2年かけて開発したのが妊娠・出産・授乳サポートハーブティーです。

たくさんの妊婦さん・産後ママに飲んで欲しい!

ノンカフェイン・無添加・無着色のハーブティーは妊娠中でも授乳中でも安心・安全に飲んで頂けます。

妊娠・出産・授乳サポートハーブティーは楽天市場で販売中です。

妊娠したご友人のプレゼントや出産祝いにもとても喜ばれています。

また赤ちゃんが寝静まった後、夫婦二人のコミュニケーションタイムにもおすすめです。普段は赤ちゃんにかかりきりのパパとママも、ハーブティーを飲みながらたくさんコミュニケーションを取ることで、さらに夫婦の絆が強まったり、より仲良くなれたり、ぜひコミュニケーションの一手段としてもお使いください。

まとめ

妊娠中に出会った、たった1杯のハーブティーがきっかけで妊娠・出産・授乳期間を乗り越えることが出来た私。

ハーブを極めてハーバリストになり、助産師の知識と経験を融合させ開発した「妊娠・出産・授乳サポートハーブティー」楽天市場で販売しています。

マタニティライフを快適に過ごして欲しい!

ワクワク楽しみに出産を迎えて欲しい!

幸せをかみしめながら育児を楽しんで欲しい!

私の思いがぎゅっと詰まったハーブティー、ぜひ飲んでください!

妊娠・出産・授乳サポートハーブティーは楽天市場で販売中!

この文章を書いた人

助産師・ハーバリスト 野本まい

病院助産師として10年勤務。現在は助産院myherb、助産師のいるハーブ&アロマサロンmyherbオーナーを務める。自身の妊娠・出産・育児中にハーブに出会い助けられる。育児中にハーブ、アロマを学び、特に産婦人科領域で活躍するハーブを深く学ぶ。妊産婦さん、産後ママをハーブの力で救うのが使命である。

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました